MENU

MENUを閉じる

image

ブランド腕時計正規販売店最新情報検索

時計Search

時計サーチの使い方初めての方へ

SIHH・WPHH2019特集

SIHH 2019:A.ランゲ&ゾーネ アニバーサリーに沸く「25thアニバーサリーモデル」登場

ふたつのアニバーサリーモデルで 存在感を見せる、ドイツの大御所ブランド

2019.02.20

 今年のA.ランゲ&ゾーネはアニバーサリーに沸いた。

 ブランド復興から四半世紀。1989年のベルリンの壁崩壊をきっかけに1990年の復興を経て、1994年に最初のコレクションを発表してから25周年を迎えた。今ではドイツ国内の高級ブランドランキングで2007年からずっと1位に君臨する、ドイツ屈指のブランドである。その立役者となったのが、フラッグシップモデルのランゲ1であることは疑いようもない。そして今年はそのアニバーサリーエディション、「ランゲ1 “25th アニバーサリー”」が登場。SIHH前に早々に発表され、話題をさらっていた。詳細は別ページ(【A.ランゲ&ゾーネ】250本限定のランゲ1“25th アニバーサリー)にて紹介しているので、参照されたし。

 

 そしてもうひとつのアニバーサリーは機械式デジタル表示機構で、A.ランゲ&ゾーネの中でも異質な存在感を放つツァイトヴェルクだ。10周年を迎えるこのシリーズから登場した「ツァイトヴェルク・デイト」は、今年唯一の新キャリバーを搭載した新作で、文字盤外周のガラスリングにデイト機能を備えている。文字盤の下層に配置した赤のマーカーの動きでデイトを示す仕組みとなっており、ツァイトヴェルクの特徴であるデジタル表示をデイトにも採用した。4時位置のボタンはデイト操作のために新たに追加されたもので、リューズで操作する必要はない実用的な機能が魅力だ。さらにパワーリザーブを約2倍の72時間に延ばした点も注目に値する。ツァイトヴェルクのシリーズは、ストライキングタイムやミニッツリピーターなど“鳴り物”系のモデルが続いた。この「ツァイトヴェルク・デイト」は文字盤外周のデイト表示分だけベースモデルよりもややケースサイズが大きめだが、ようやく現実的かつ実用的なモデルが登場したといえるだろう。

 今年のA.ランゲ&ゾーネはこれだけでは終わらない。25年前に復興コレクションが発表された10月24日に向けて、毎月24日に25周年アニバーサリー限定モデルが発表されるという。どんなスペシャルモデルが発表されるか、ランゲファンにはたまらない1年となりそうだ。

 

Text:Katsumi Takahashi

 

【お問い合わせ】

A.ランゲ&ゾーネ TEL : 03-4461-8080

 

ページTOPへ