MENU

MENUを閉じる

image

ブランド腕時計正規販売店最新情報検索

時計Search

時計サーチの使い方初めての方へ

ブランドニュース

【Sinn】ジン、特殊鋼を採用したシンプルなユニークピースの発売をはじめとした、最新ニュース!

ジンのプロフェッショナルな技が作り上げたモデルをご紹介。

2019.01.17

2つとして同じ顔の時計が存在しないダイヤルー体型ケースに特殊鋼を採用したユ二ークピースが発売開始となりました

 

1800.DAMASZENER

 

ダマスカス模様の積層鋼材を採用した100本限定モデル

■ダイヤルと時計ケースはダマスカス模様の積層鋼材による一体成型
■高い耐傷性を備えたテギメント加工を施したケース
■裏蓋、リューズ、尾錠もダマスカス模様の積層鋼製
■時・分針とアプライドインデックスは夜光処理
■木製ボックスにブラックカーフストラップ1本付属
■世界限定100本

パイロツトウォッチやダイバーズウォッチなどプロフェツショナル向けの時計で知られるジンから、スタイルはシンプルながら時計ケースの素材にこだわり作られた、1点1点異なる顔を持つ新作1800.DAMASZENERが発売されました。

この新作に採用されたケース素材は、2000年もの歴史を持つ鍛造技術を進化させ現代に継承するドイツのBALBACHDAMAST(バルバッハダマスト社)により製造された鍛造溶接によるダマスカス模様の積層鋼材です。

1961年の会社創設以来、ジンは改良を重ねた技術と伝統的な技法を組み合わせ、高品質な機械式時計を生産してきました。素材においても1995年に発表した硬度220ビッカースのステンレススチールと同等の硬さを誇る22カラットイエローゴールドや、2005年から採用しているダイバーズウォッチ初の素材であるドイツ潜水艦用の鋼鉄Uボート・スチールなど、時計としてはそれまで使われていなかった素材を導入してきました。今回の新作1800.DAMASZENERでも新たな素材に挑戦しています。

付属のベルト装着例

この時計は、一目でそれとわかる特徴的なデザインと外観を有しています。通常は時計ケースとダイヤルは独立したパーツとして設計されますが、ダマスカス模様の積層鋼材の独特な風合い、すなわち光と影が交互に織りなす有機的パターンを強調するため、1800.DAMASZENERのケースとダイヤルは一体型で、完全なスチールブロックから作られています。その結果、ダマスカス模様の流れるようなラインがケースからダイヤルにかけて途切れることなく続き、独特で趣のある外観を形成しています。さらにテギメントテクノロジーを駆使し、傷がつきにくい表面仕上げとなっています。

 

 

 

ダマスカス鋼は何世紀にもわたり人類を魅了してきた伝説の鋼で、現代ではそれに代わり積層鍛造されたスチールが刀、ナイフ、剣の生産に使われています。2種類以上のスチールを組み合わせ、いくつもの層に折り曲げることで前述のようなパターンが表面に浮かび上がります。

ダマスカス模様の積層鋼材を作る伝統的製法は非常に精級で、職人技と応用技術の賜物です。異なる種類のスチールを重ねて鍛造溶接し、真っ赤に熱した高温状態で折り畳み、ふたたび重ね合わせます。これは専門用語で「フォールディング」と呼ばれる製法で、柔らかい鋼と硬い鋼を組み合わせることで、両方の特性を持つ新しいタイプの金属が出来上がるのです。工程の最終段階では、表面のエッチングによってダマスカス特有のパターンが浮かび上がります。酸の腐食作用で表面に高低差が生まれ、典型的な明暗のニュアンスを形成します。

最終工程の酸によるエッチングでその姿を現す1800.DAMASZENERのレイヤーは、素材の持つ特徴を見事に表現しています。
流れるようなラインの形状は意図的に生成できないので、ケースはひとつとして同じものはなく非常にユ二ークな時計です。さらに裏蓋や尾錠、リューズもこのダマスカス模様の積層鋼材で作られています。

しかしながら、このスチールを時計ケースに使用することは、耐腐食性の観点から考えるととりわけ困難を極めたと言わざるを得ません。この難題を克服するため、歯科インプラント治療にも用いる2種類のハイグレード・ステンレススチールを鍛接する方法にその糸口を見つけたのです。高いグレードの合金鋼の製造には、比類ないほどの耐腐食性がすでに証明されている最新の原材料を使う必要がありました。ジンの長年にわたるパートナーであり、50年以上の経験を持つBALBACHDAMAST(バルバッハダマスト社)は、このミッションに果敢に挑み、時計ケースへの使用に耐えるダマスカス模様の積層鋼材をみごとに完成させました。
1800.DAMASZENERは、プ口集団によって作り上げられた高い品質を誇る時計です。

 

ETA2892-A2、自動巻、21石、28,800振動、秒針ストップ機能、時・分・秒表示、デイト表示
ケースとダイヤルはダマスカス模様の積層鋼材の一体型(テギメント加工)
裏蓋、リューズ、尾錠、つく棒もダマスカス模様の積層鋼材(テギメント加工)
時・分針とアプライドインデックスは夜光処理、力ウレザーストラップ(力ウレザーストラップ1本付属)
両面無反射サファイアクリスタル、リューズとケースバックはねじ込み式
防水性 DIN8310、10気圧防水、負圧耐性、ケースサイズ:直径43mm×厚さ10.4mm、世界限定100本
税込価格1,512,000円(本体価格1,400,000円)

 


 

1000mの防水性能を備えたダイバーズシリーズから待望のブルーダイヤルが発売開始

 

U1.B

 

■ブルーのニューダイヤル
■高い海水耐性を持つドイツの最新鋭潜水艦の鋼鉄 Uボート・スチールを使用
■ビスを使用した特殊結合方式による固定と高い耐傷性の回転ベゼル
■DNV・GLにより欧州潜水器具規格に基づきテスト・認定されたモデル
■DNV・GLによる1,000mの耐圧保証

ダイビングに適した海水耐性に強いドイツの最新鋭潜水艦の鋼鉄Uボート・スチールをケースに採用したジンのUシリーズのうち、すっきりと印象的なケースのライン、ミニマルなダイヤルデザインと明確な視認性が特徴のU1に加わった、ブルーダイヤルの新作が発売開始となりました。

真っ白なインデックスと時・分針は、ブルーの文字盤と強いコントラストを生み出し、常に高い視認性を保証します。U1.Bの特徴的なダイヤルカラーは、同色のブルーのシリコンストラップによってさらに強調されています。 レギュラーのU1モデルと同様に、強い衝撃でも外れることのないビスを使った特殊結合方式によって固定された逆回転防止ベゼルには、高い耐傷性を誇るテギメント加工が施されています。リューズは通常の3時位置ではなく、装着感を高めるために4時位置に取り付けられているため、手の甲に当たるといったことがありません。

さらに、船級・認証機関DNV GLは、このモデルの耐圧性能を1,000mの潜水深度まで保証し、その温度耐性と機能性を欧州潜水器具規格(EN205およびEN14143)に準じて検査・認証しています。この認証もジンがすべてのダイバーズウォッチに行っていることです。ユーザーにとって、このモデルは正確で信頼できるダイバーズウォッチになりうるということを意味しています。

 

SW200-1、自動巻、26石、28,800振動、秒針ストップ機能、駆動時間:38時間
耐衝撃性DIN(*)ISO1413(旧DIN8308)、耐磁性DIN8309、(*)=ドイツ工業規格
時・分・秒表示、デイト表示
特殊結合方式により固定された逆回転防止ベゼル(テギメント加工)
時・分・秒針とインデックス、ベゼルのキーマークには夜光処理
Uボート・スチール、シリコンベルト、両面無反射サファイアクリスタル
ねじ込み式ケースバック、ねじ込み式リューズ
DNV GLによる1,000m(100気圧)までの耐圧保証
欧州潜水器具規格 EN250/EN14143に基づきDNV GLにより認定
防水性 D1N8310、潜水用安全基準規格 D1N8306、負圧耐性、直径44mm×厚さ14.7mm
税込価格:356,400円(本体価格330,000円)

 

【このモデルに採用しているジン・テクノロジー】

■Uボート・スチール
Uシリーズの時計ケースには、ドイツの最新鋭潜水艦Uボート―212Aクラス燃料電池推進船舶であるドイツ海軍のU31の鋼鉄Uボート・スチールを使用しています。この特殊鋼は、ドイツ海軍の212クラス最新の非原子力潜水艦の外殻のためにドイツのティッセンクルップ(ThyssenKrupp AG)が開発したものです。海水に長期間さらされると、悪影響を受けて腐食する可能性があるため、通常のケースに使用されているスチールは塩水と接触した後に真水ですすがなければなりません。
これとは対照的に、潜水艦に使用しているUボート・スチールは、海水との長期間の接触に完全に耐性があります。また、Uボート・スチールはその延性のために、ひび割れに対して極めて高い耐性があり、それによって信頼性がさらに高まります。その強度は、通常の時計ケースに使用されているAISI316Lの1.55倍以上です。

■特殊技法の回転ベゼル
Uシリーズのモデルに代表される回転ベゼルは、通常のはめ込み式ではなく、ジンが考案したビスを使用した特殊技法でケースにセットされているため、絶対に外れることはありません。新設計により装着は確実でありながら、修理にあたっては分解が容易にできるようになっています。

■テギメント
テギメントとは、窒素を使用した浸炭加工を時計のケースに施すことにより鋼材の表面に炭素分子を拡散・浸透させ、焼入れして硬化させる技術です。素材の表面をセラミックと同じ1200ビッカース、あるいはそれ以上の硬度にして時計に傷がつくのを防ぎます。
コーティングという方法ではないためテギメント層の硬度は、連続的・・・・つまり、1200ビッカースの高硬度からステンレススチールの基本硬度まで、非常に段階的に移っていきます。ジンは2003年にステンレススチール製のモデル756で初めてこの技術を導入し、2011年にはチタンにも加工可能となりました。この加工はマットやポリッシュ等ケースの仕上げの種類を問わず可能です。

【テストと認証】

■DNV GLとは
DNV GLは、技術的な試験認証サービス、船級および関連ソフトウェア、並びにエネルギー、オイル、ガス、海事の各産業における第三者コンサルティングを提供する、世界最大級の船級・認証機関です。ノルウェーのオスロに本拠地を置く船級機関DNV(Det Norske Veritas=DNV)とドイツのハンブルクに本拠地を置く船級機関ゲルマニア・ロイド(Germanischen Lloyd=GL)が合併して設立されました。元になった組織は、どちらも海運業においてほぼ150年にも上る歴史を有しています。DNV GLは世界最大級の船級協会というだけでなく、管理システムの認証においても、世界三大認証機関のひとつに数えられます。

■DNV GL(旧ゲルマニア・ロイド)の認定書
2005年以来、DNV GL(旧ゲルマニア・ロイド)は様々な評価基準に従いジンのダイバーズウォッチをテストし、その認定を行っています。
第一のテストは、耐水性能と耐圧性能。ムーブメントを組み込んだ状態では、U1シリーズは100気圧(1,000m)までを認証済みです。第二のテストは、欧州潜水器具規格(EN205およびEN14143)に準拠したテストで、様々な温度での精度と機能性をチェックし、耐熱性能と完璧な機能性が記録され、認定されました。ジンは欧州潜水器具規格において公式に認定された最初の時計ブランドです。ジンのUシリーズなどのダイバーズウォッチに対するこれらのテストは、品質の一貫性を記録するために、定期的に繰り返されています。

 


 

ジンのスタンダードパイロットウォッチに加わった2種類のカラーダイヤルが発売開始

104.ST.SA.IA/104.ST.SA.IB

■ジンのスタンダードシリーズ104に加わった2種類のカラーダイヤル
■ビスを使用した特殊結合方式の回転ベゼル

ジンの伝統的なパイロットウォッチのスタイルを持った104シリーズから、カラーダイヤルを採用した2種類のモデルが発売開始となりました。

ジンのパイロットウォッチの伝統的なスタイルを持った104シリーズは、時刻、日付や曜日、秒の最適な視認性を確保した腕時計で、2013年の誕生以来、ジンのコレクションの中でも人気のシリーズとなっています。ブラックダイヤルとホワイトダイヤルで3種類の仕様があり、今回の2種類が加わることで5つのダイヤルバリエーションが揃います。新作の104.ST.SA.IAは、アンスラサイトの色味が独特で、サンレイ仕上げがこの時計の時代を越えた品格を際立たせています。同様にサンレイ仕上げが施されたダークブルーダイヤルを備えた104.ST.SA.IBは、光によってその青みを変化させ、ニュアンスのある光をたたえます。

 

既存モデルと同様にポリッシュ仕上げのステンレススチール製ケースに、両面無反射コーティングを施したサファイアクリスタルを搭載し、シースルーバックの裏蓋からはムーブメントの動きを鑑賞することができます。分表示を刻んだパイロットベゼルは両方向回転式で、通常のスナップ式とは異なるビスを使ったジン独自の確実な装着方法で取り付けられているため、不意の衝撃でも外れることはありません。ベゼルの12時位置には夜光マークも付いた伝統的なデザインです。20気圧防水と負圧耐性も備えています。

SW220-1、自動巻、26石、28,800振動、秒針ストップ機能、駆動時間:38時間
耐衝撃性DIN(*)ISO1413(旧DIN8308)、耐磁性DIN8309、(*)=ドイツ工業規格時・分・秒表示、デイデイト表示、特殊結合方式のパイロットベゼル時・分・秒針とインデックスは夜光処理、ステンレススチール(ポリッシュ仕上げ)ケースアルカンターラレザーストラップまたは3連ステンレススチールブレスレット
両面無反射サファイアクリスタル、ねじ込み式シースルーバック(サファイアクリスタル)ねじ込み式リューズ、
防水性 DIN8310、20気圧防水、負圧耐性、直径41mm×厚さ11.5mm、
税込価格:アルカンターラレザー仕様 248,400円(本体価格230,000円)
3連ブレス仕様 270,000円(本体価格250,000円)

■お問い合わせ先
(株)ホッタ TEL. 03-6226-4715
東京都中央区銀座7-13-10-2F

ページTOPへ