MENU

MENUを閉じる

image

ブランド腕時計正規販売店最新情報検索

時計Search

時計サーチの使い方初めての方へ

ブランドニュース

【ジャガー・ルクルト】“アート・オブ・プレシジョン” ~精度という名の芸術~

ジャガー・ルクルト「マスター・ウルトラスリム」から新作モデルを発表します。

2018.12.20

故郷、ジュウ渓谷

ジャガー・ルクルトの歴史は、スイスのジュラ山脈の麓、ジュウ渓谷に根差しています。ジュウ渓谷は穏やかなイメージだけでなく、その独自の風土でマニュファクチュールのアイデンティティを育みました。穏やかでありながら気骨のある風土を背景に、ここでは真に躍動する芸術性と共に精度を 追求する伝統が育まれているのです。私たちが“グランドメゾン”と呼ぶ場所は周囲の丘陵地帯を 覆う森、すなわち絶え間ない再生のシンボルとともに鼓動しています。

 

技術的な洗練性と完璧に磨き上げられた技術の融合

ジャガー・ルクルトにとって、時計職人が持つ技術の神髄とは、精度を追求する技術とそれを実行するのに必要な卓越したクラフトマンシップを理想的なバランスで達成することに他なりません。 ミリオノメーターの発明からジャイロトゥールビヨンの発表に至るまで、このバランスは多様性を極めるマニュファクチュールの希少なクラフトマンシップ(Métiers Rares®)や熟練の時計職人たちの多彩な専門技術によって表現され、技術的な洗練性と類まれな芸術性の融合という共通の目的に仕えています。

クラフトマンシップと精度

マニュファクチュールでは、創設当初から二つの目標を掲げています。それが、ムーブメントの精度と技術的精度の追求です。これら2つの目標は物語に出てくるようなスイスの美しい自然の下に生まれ、育まれています。そして、その自然は季節の移り変わりに関わらず、平静を悠然と維持し続けています。マニュファクチュールが誇る熟練の時計職人たちはこの環境から多くの影響とインスピレーションを受け、自らの心血を注いで創造的なスケッチやテン輪、ガンギ車の一つ一つを創り出すことで、常に精度の限界に挑み続けています。

精度を追求し続けた歴史

飽くなき精度の追求の過程で、ジャガー・ルクルトは世界初の偉業と讃えられる様々な発明を生み出しました。1844年、ミリオノメーター。1900年、メダイユ。1928年、グランドコンプリケーションを備えた初のポケットウォッチ。1958年、 ジオフィジック クロノメーター。1967年、ジャガー・ルクルト製キャリバー820。1992年、マスター・コントロール 1000時間コントロールテスト。2004年、ジャイロトゥールビヨン。2007年、デュオメトルとデュアル・ウィング コンセプト。2009年、 国際クロノメーター コンテスト グランプリ。実際の功績はこの限りではなく、ジャガー・ルクルトは精度の限界を打ち破る新たな発明を継続的に発表し、紛うことなき一流のマニュファクチュールとして国内外で確固たる地位を確立しています。

 

純然たる技術的精度から緻密さを極めた完璧なクラフトマンシップまで

ジャガー・ルクルトは、技術的および機械的精度を圧倒的な精度および芸術性を備えたクラフトマンシップと融合させることで、精度を唯一無二の芸術作品へと昇華させました。ギョーシェ彫りや エングレービング、宝石のセッティングやエナメル装飾などの伝統的な装飾技術は脈々と受け継がれ、メゾンとその希少なクラフトマンシップ(Métiers Rares®)の根幹をなしています。
“マニュファクチュール”という名の通り、ここでは人の手こそが何よりも優先されます。想像からプロトタイプをデザインする者の手。ツールや機器、ムーブメントとその心臓部、素材、宝石を導き、命を与える者の手。職人の手は決して絶えず研鑽を続け、彼らの繊細な技術は実現可能な限り、慎重かつ綿密で、適格かつ正確であることは言うまでもありません。たとえいつもよりも困難な課題に直面したとしても-。

尽きることのないインスピレーションの源

ジャガー・ルクルトの歴史は、時に象徴的な数字と共に語られています。一つ屋根の下に集結した180種もの専門技術、最もシンプルなものから最も洗練されたもの(ミニッツリピーターやジャイロトゥールビヨン、パーペチュアルカレンダーなどが搭載されたムーブメント)までおよそ1,250種のキャリバー、ヘリテージ・ギャラリーに展示されているおよそ400の特許が三位一体となって、精度を追求するジャガー・ルクルトの歴史をなしています。そして、職人たちの忍耐こそが精度を極める最大の要因です。すべての時計と置時計の設計と制作、仕上げのあらゆる工程において、忍耐力は欠かせません。キャリバーからケースまで、ジャガー・ルクルトのすべての腕時計は一つ屋根の下で設計から製造、組み立てまで一貫生産されています。

 

 

マスター・ウルトラスリム・ムーン エナメル

「マスター・ウルトラスリム」は、その丸みを帯びたフォルムと純粋なラインによって時計愛好家を魅了しています。この素晴らしいラインから、ムーンフェイズとトゥールビヨン、日付表示、 パーペチュアルカレンダーという時計製造技術を象徴するコンプリケーションを搭載した3つの新作モデルを発表し、コレクションの充実を図ります。3つの新作モデルはいずれも極薄ケースを備え、ギョーシェ彫りとエナメル装飾というジュウ渓谷のマニュファクチュールで何世代にもわたって 受け継がれる2種類の希少なクラフトマンシップ(Métiers Rares®)を採用しています。ジャガー・ ルクルトは自社工房で宝石のセッティングからエングレービング、ギョーシェ彫り、エナメル装飾を行う数少ないマニュファクチュールの一つです。これらの芸術的な装飾技術は繊細かつ綿密な作業であり、機械を使用することはあっても基本的には職人が手作業で行い、その歴史はいずれも100年を超える伝統技法です。
本作により、芸術および技術における精度の追求は新たな局面を迎えます:芸術的精度、それは ジャガー・ルクルトの代名詞と言っても過言ではありません。
「マスター・ウルトラスリム エナメル」の3つの新作モデルの外観を彩るギョーシェ エナメルは精度と洗練性の証であり、深く鮮やかなミッドナイトブルーは3つの限定エディションのケースと見事なハーモニーを奏で、時計に威厳を纏わせています。

 

マスター・ウルトラスリム・ムーン エナメル

世界限定100本の新作限定シリーズ「マスター・ウルトラスリム・ムーン エナメル」は、純粋で洗練された時計製造のスタイルを踏襲し、職人の手作業によるギョーシェ彫りが施されたブルー エナメルのダイヤルや新たなインデックス、ポリッシュ仕上げの新たなムーンフェイズ、エングレービングが施された新たなカウンターを採用しています。また、極薄ケース(10.04 mm)の内部には機械式自動巻ムーブメント、ジャガー・ルクルト製キャリバー925を搭載し、70時間のパワーリザーブを保証します。

職人の手作業によるギョーシェ装飾を施したブルー エナメルのダイヤル

ギョーシェ彫りを施したブルー エナメルのダイヤルは極めて個性的で、「マスター・ウルトラ スリム・ムーン エナメル」に独自のエレガンスを纏わせています。また、深みのある魅力的なブルーが、かつてないほど注目されている伝統的な装飾技法、ギョーシェ彫りによる幾何学的な モチーフとレリーフ効果を引き立てます。さらに、エナメル装飾も同じく伝統的な装飾技術であり、1999年にマニュファクチュールが復刻させたものです。エナメル装飾は極限の集中力と忍耐を要し、マニュファクチュールでも訓練された数少ない職人が完全に手作業で行っています。すなわち、 ギョーシェ彫りを施し、さらに透明なブルーのエナメル層を作り出すことは、想像の域を遥かに超えた緻密な作業であることは言うまでもありません。

 

ポリッシュ仕上げの新たなムーンフェイズ

マスター・ウルトラスリム・ムーン エナメルは、細部にまで徹底的にこだわってリ・デザインされた新たなムーンフェイズを備えています。満月になると、ポリッシュ仕上げを施した完璧な円形の白色の月がこの上なく優美な星空を背景に燦然と輝きます。

新たな解釈によるインデックスとエングレービング入りカウンター

世界限定100本の限定エディションである本作はポリッシュ仕上げのムーンフェイズによる 圧倒的な存在感に加えて、20年以上に及ぶ歴史を有する時計製造のクラシックコレクションである「マスター・ウルトラスリム」の本質的要素を巧みに取り入れています。専門家であれば、新たな デザインのインデックスにもお気づきになるでしょう。このモデルのインデックスは従来より長く、12時と3時、6時、9時位置では2つに分かれています。また、6時位置の小窓に設けられた ポリッシュ仕上げのムーンフェイズを収めるカウンターにはエングレービングが施され、数字に よって日付を表示します。これにより、控えめでありながら抜群の存在感を発揮します。

本作は、類まれな芸術的創造力を発揮しながら、機械的精度を常に向上し続けるジャガー・ルクルトの熟練時計職人とエナメル装飾やギョーシェ彫りなどにまつわるアーティストや職人の技術を結集した象徴的な作品と言っても過言ではありません。

 

マスター・ウルトラスリム・ムーン エナメル

サイズ
39 mm
厚さ
10.04 mm
キャリバー
925/2 – 自動巻
防水性
5気圧
機能
時、分、秒、日付、ムーンフェイズ
パワーリザーブ
70時間
ダイヤル
ブルー ギョーシェ エナメル
ケースバック
オープン
限定

100本
レファレンス
Q13684EJ

 

ジャガー・ルクルト

ジャガー・ルクルトは創業以来、技術と芸術性、洗練性、卓越した審美眼を巧みに融合し、精度の 追求を唯一無二の芸術作品へと昇華させています。マニュファクチュールの時計職人たちは、1833年、創業者アントワーヌ・ルクルトがアトリエを立ち上げた当時の発明家精神を継承し、時計製造の 最先端をゆくコレクションを作り続けています。レベルソ、マスター、ジャガー・ルクルト ポラリス、ランデヴー、そしてアトモス…。世紀を超えて 受け継がれてきた豊かな遺産は、グランドメゾンとして名高いジャガー・ルクルトに創造の力を与え、類まれなタイムピースによる限界への挑戦の道筋を示してくれます。

 

ページTOPへ