MENU

MENUを閉じる

image

ブランド腕時計正規販売店最新情報検索

時計Search

時計サーチの使い方初めての方へ

ブランドニュース

【ヴァシュロン・コンスタンタン】SIHH 2019年 新作プレ情報!フェニックスとスカイチャートを発表。

2018.12.19

レ・キャビノティエ・グランド・コンプリケーション
“フェニックス”

• レ・キャビノティエ部門のウォッチメーカーが創る一点製作のダブルフェイス時計
• グランド・コンプリケーション用のムーブメント搭載
• ミニット・リピーター、トゥールビヨン、パーペチュアルカレンダー、均時差などを含む 15 種類の複雑機能
• 時計製作の専門技術と古くから伝承される手彫りエングレービングとの組み合わせ

 

ヴァシュロン・コンスタンタンは 18 世紀以来、「キャビノティエ」の伝統を守り続けてきました。「キャビノティエ」とは、ジュネーブの建物の最上階に設けられた光あふれる工房で時計づくりに励む名声と教養を誇る時計職人を指す言葉です。このような熟達したマスターウォッチメーカーは、科学的な知識を背景にもち、啓蒙思想が育んだ新しい考え方に対しても好奇心にかられていました。彼らの器用な手が、天文学や科学、芸術から着想した技術的にも美観の点でもまたとない特別な時計を作り上げました。

現代のヴァシュロン・コンスタンタンも、その高度な技術や創作への挑戦をレ・キャビノティエ部門に引き継ぎ、顧客やコレクター向けに1点もののモデルを製作したり、特注による時計の製作依頼に応じています。エンジニア、デザイナー、ウォッチメーカー、アルティザンたちはこの極めて高度で卓越した時計づくりにそれぞれの想像力や専門性、情熱などを総動員して取り組みます。その成果を鮮やかに語るのが、まさに新たに誕生したユニークピース「レ・キャビノティエ・グランド・コンプリケーション“フェニックス”」です。

 

永遠を手に入れた15種類の複雑機能

エジプト東方で発祥し、アジアに伝播したフェニックス伝説によれば、この寓話の不死鳥は、転生に挑み、火に飛び込んで死滅した後も、灰から500年毎に甦るとされます。不死身の象徴から着想を得て創作された「レ・キャビノティエ・グランド・コンプリケーション“フェニックス”」は、15種類の複雑機能をもって時に挑戦しました。

この時計の表側と裏側には、パーペチュアルカレンダー、均時差、日の出と日の入りの時刻、天空図、四季、黄道12宮、月相と月齢、至点(夏至・冬至)、恒星時の時と分、パワーリザーブなどの表示が配され、これらが時計に高貴な趣や威厳をもたらし、そしてミニット・リピーターとトゥールビヨンが機能リストの最後を締めくくります。レ・キャビノティエ部門のウォッチメーカーたちは、信頼性を確保しながらあらゆる部品を小型化することによって、これらの機能をケースの限られたスペースに収めることに成功しました。

 

時計の両面に配された2つの文字盤は、スレートグレーの盤面に数字や針がくっきりと目立ち、ピンクゴールド製のケースと美しい調和を見せています。この複雑時計の視認性を最大限に高める工夫は、文字盤に追加されたカウンターや各種の時間表示にも発揮されています。

 

キャリバー2755:特別なシグネチャー

ヴァシュロン・コンスタンタンは、この極めて多くの機能が備わる複雑時計を動かすために、有名なキャリバー2755を選びました。手巻きで、58時間のパワーリザーブが備わるこのムーブメントは、ヴァシュロン・コンスタンタンの特に高度なモデル、とりわけこの1点製作モデルが属す類まれなグランド・コンプリケーションに使われています。

 

手彫りエングレービングの芸術

革新的な技術と昔から受け継がれてきた職人技との絶妙なバランスを語る典型的な例と呼べるこの特別なモデルはまた、一握りの彫金職人のみが習熟した2種類のエングレービング技法に敬意を表しています。すなわち、ケースバンドに施されたパウンス装飾(浅浮き彫り)と、ベゼルとケースバックに施された繊細なラインを彫る技法です。金に彫刻を施して立体感を生み出すこのような技術に習熟するには少なくとも10年以上もかかり、このモデルの場合も300時間に及ぶ忍耐強い作業が必要です。ケースバンドの上で今にも羽を広げるかのように見える伝説の不死鳥の翼や、優雅に伸びる細い首の動きから嘴の先に至るまで、ディテールに細心の注意を払うことは、ヴァシュロン・コンスタンタンのシグネチャーです。

 

 

技術データ
レ・キャビノティエ・グランド・コンプリケーション
“フェニックス”

リファレンス・ナンバー
9700C/003R-B187
ジュネーブ・シール
取得
キャリバー・ナンバー
2755
ヴァシュロン・コンスタンタン自社開発・製造
駆動方式
機械式手巻き
ムーブメント・サイズ
直径33.90mm×厚さ12.15mm
パワーリザーブ
約58時間
振動数2.5Hz
(毎時1万8000回振動)
部品数
839
石数
40
表示
時、分、トゥールビヨンのキャリッジによるスモールセコンドの秒
15の複雑機能
1.ミニット・リピーター
2.トゥールビヨン
3.-6.パーペチュアルカレンダー(日付、曜日、月、閏年)
7.パワーリザーブ
8.均時差
9.日の出時刻
10.日の入り時刻
11.天空図
12.月齢と月相(ムーンフェイズ)
13.恒星時の時と分
14.四季、至点、分点、黄道12宮
15.打撃機構のトルク
各種調整
針の時刻合わせ:リュウズ(2ポジション)
ムーンフェイズ:ケースサイドの修正用プッシュピース
パーペチュアルカレンダー:ケースサイドの修正用プッシュピース
天空図:リュウズおよびねじ込み式プッシュピース
ケース
18K(5N)ピンクゴールド
ケースバンドに手彫りによる“フェニックス”モチーフの装飾
ベゼルおよびケースバックに手彫りの装飾パターン
ケース・サイズ直径47.00mm×厚さ19.10mm
文字盤
スレートグレーオパーリンダイヤル
18K(5N)ピンクゴールド製のアプライド・インデックスと
18K(5N)ピンクゴールド製の針
ストラップ
ダークブラウンのミシシッピ・アリゲーターレザー、
手縫いサドルステッチ、ラージ・スクエア・スケール
クラスプ
18K(5N)ピンクゴールド製フォールディングクラスプとバックル、手彫りの装飾パターン、ポリッシュ仕上げの半マルタ十字
付属ボックス
マカッサル・エボニー(縞黒檀)製、巻き上げ装置付きプレステージボックス
アクセサリー
修正ピンとルーペ
ユニークピース
時計裏面に《LesCabinotiers》、《PièceUnique》、《AC》の文字を刻印

 


 

レ・キャビノティエ・ミニットリピーター・ トゥールビヨン・スカイチャート

 

•レ・キャビノティエ部門専属の時計師が創る一点製作のユニークピース
•グランド・コンプリケーション用のキャリバー搭載
•機械式時計の主要な3種類の複雑機構、ミニット・リピーター、トゥールビヨン、スカイチャートを融合
•インビジブルセッティングの芸術的な技法

 

啓蒙主義時代の18世紀、ジュネーブの最も経験豊かな時計職人たちは、市街の建物の最上階に設けられた「キャビネット」と呼ばれる、自然光あふれる工房でその才能を発揮していました。顧客からの特別な注文を受けて並外れた複雑時計を製作していた、いわば錬金術師のような職人たちは「キャビノティエ」と異名を取るようになりました。技を極めたマスターウォッチメーカーの彼らは、豊富な科学的知識を身につけながら、当時の啓蒙主義が育んだ新思想に対しても好奇心を抱き、それらを工業的手法や手作業の専門技術に生かしていました。

最高峰の時計技術と美的デザイン、芸術的な職人芸の挑戦が見事に結びついたヴァシュロン・コンスタンタンの1点製作モデルは、現在では、その誉れ高い歴史を継承するレ・キャビノティエ部門で創作され、オートオルロジュリー(高級時計製造)の最も要求の厳しい愛好家を喜ばせています。「レ・キャビノティエ・ミニットリピーター・トゥールビヨン・スカイチャート」もまさにそうした世界を鮮やかに語るモデルです。ヴァシュロン・コンスタンタンのシグネチャーを演じるこの新作は、2017年にレ・キャビノティエ部門で創作された「レ・キャビノティエ・セレスティア・アストロノミカル・グランド・コンプリケーション3600」と「レ・キャビノティエ・シンフォニア・グラン・ソヌリ1860」から派生した後継モデルです。

ヴァシュロン・コンスタンタンの時計において、ミニット・リピーター機能とトゥールビヨンや天体表示を一体化することは、レ・キャビノティエ部門でなければ達成できない離れ業です。ヴァシュロン・コンスタンタンならではの美的デザインの特色を活かし、高度な時計技術を語るこの新製品には、ブランドを最も代表するテクニカルなモデルに仕上げるために投入された途方もない専門技術が映し出されているのです。

 

恒星時と宇宙の魅力的な眺め

「レ・キャビノティエ・ミニットリピーター・トゥールビヨン・スカイチャート」のホワイトゴールドのケースは、コントラストを強調したデザインに特徴があります。ベゼルとラグにセットされたバゲットカットダイヤモンドがピュアなブラックダイヤルを美しい輝きで取り巻き、ブラックダイヤルもまた、バゲットカットダイヤモンドのインデックスと中心部に施されたギヨシェ彫りの模様がアクセントを添えています。ピュアなデザインと貴石の輝きが織りなす絶妙なコントラストが6時位置のトゥールビヨンを引き立て、ミニット・リピーター機能を併せ持つこの時計が、紛れもなくオートオルロジュリー(高級時計製造)の分野に属すことをあらためて思い起こさせます。

 

 

宇宙の眺めはケースバックに配されたスカイチャート(天空図)によって一段と強調されています。ジュネーブから見上げた夜空が描かれ、天の川や星座、星などは望遠鏡で見たかのように明るく輝いています。この天空図は、恒星時に合わせて23時間56分で1回転します。窪んだ形の文字盤は奥行き感を強調します。時計製造のスタンダードな表現方法に従い、サファイアクリスタル上の楕円の囲みは、時計の使用者が天空図を参照した際に星座の位置が正確に示されるように描かれています。そしてこの素晴らしい眺めを完成させるのは、恒星時や月表示と方位表示です。まるで時を超えた宇宙の旅に誘われるかのようです。

 

キャリバー2755:「レ・キャビノティエ」の特別なシグネチャー

この極めてテクニカルな複雑時計に備わるさまざまな機能を動かすめに、ヴァシュロン・コンスタンタンのウォッチメーカーは、「レ・キャビノティエ」に特別に用いる手巻きムーブメントを開発しました。58時間のパワーリザーブが備わるこのムーブメントは、ヴァシュロン・コンスタンタンの特に高度なモデル、とりわけ類まれなグランド・コンプリケーションに使われることで有名なキャリバー2755をベースにして考案されました。

 

技術データ
レ・キャビノティエ・ミニットリピーター・トゥールビヨン・スカイチャート

リファレンス・ナンバー
9737C/000G-B480
ジュネーブ・シール
取得
キャリバー・ナンバー
2755
ヴァシュロン・コンスタンタン自社開発・製造
駆動方式
機械式手巻き
ムーブメント・サイズ
直径33.9mm×厚さ9.4mm
パワーリザーブ
約58時間
振動数
2.5Hz(毎時1万8000回振動)
部品数
413
石数
38
表示
時、分、トゥールビヨンキャリッジ上のスモールセコンドによる秒
ミニット・リピーター、トゥールビヨン
ケース裏面に恒星時、月、天空図
ケース
18Kホワイトゴールド
ケース・サイズ
直径45.0mm×厚さ15.1mm
ベゼルとラグに計112個のバゲットカットダイヤモンド(約5.80ct)
文字盤
ギヨシェ彫りブラックダイヤル
18Kホワイトゴールド製のアプライド・インデックスと針
手彫りと夜光を施したブラックの天空図(北半球)
ストラップ
ブラックのミシシッピ・アリゲーターレザー、手縫いサドルステッチ、ラージ・スクエア・スケール
クラスプ
18Kホワイトゴールド製クラスプ
ポリッシュ仕上げの半マルタ十字
付属ボックス
マカッサル・エボニー(縞黒檀)製ラグジュアリーボックス
アクセサリー
修正ペン
ユニークピース
時計裏面に《LesCabinotiers》、《PièceUnique》、《AC》の文字を刻印

 

ページTOPへ