MENU

MENUを閉じる

image

ブランド腕時計正規販売店最新情報検索

時計Search

時計サーチの使い方初めての方へ

SIHH・WPHH2017特集

オーデマ ピゲ|新作情報!SIHH 2017 ジュネーブサロン

2017.02.05

 2017年、オーデマ ピゲは独立性を保った姿勢と技術の粋が際立っていた。オーデマ ピゲのルーツに強く根差す機構のひとつであるパーペチュアルカレンダーを搭載したブラックセラミックモデルや、内部構造の美しさを見せつつ動作性と精度を確保するという非常に難易度の高い技巧が必要とされるオープンワーク、ブライトでビビッドなカラーダイヤルを採用し好評を博した、2016年のロイヤル オーク オフショア・ダイバー・クロノグラフに続き、クロノグラフ非搭載の胸躍るカラーを採用したモデルなど会場でも多くの注目を集めていた。

 

RO_26579CE-OO-1225CE-01_SDT_Original_001ロイヤル オーク・パーペチュアルカレンダー

 パーペチュアルカレンダーは、オーデマ ピゲのルーツに強く根差す機構のひとつ。1955年、オーデマ ピゲは全て18Kのイエローゴールドケースに収められた当時9本だけが作られた閏年表記を搭載した世界初の腕時計を発表した。以来オーデマ ピゲは、2016年の最新モデルである、イエローゴールドとジェラルド・ジェンタによるアイコニックなデザイン、時計づくりの中でも非常に古典的なコンプリケーションを融合したロイヤル オーク・パーペチュアルカレンダーを含む、さらに多くのパーペチュアルカレンダー搭載の腕時計を発表した。

 今年、オーデマ ピゲのロイヤル オーク・パーペチュアルカレンダーのラインナップに職人の手作業で仕上げられたブラックセラミックを使用したフルブラックの新作が登場した。加工するのは非常に難しい素材であるが、ほぼ完全にアンチスクラッチであるブラックセラミックは高温・温度変化によるショックに対する高い耐性を持つがゆえに、経年劣化がほとんど見られない素材でもある。この均一で緻密であり、また非常に硬い素材を加工し手作業で仕上げるには、非常に強い忍耐力を要するさまざまな工程と技術が要求される。今回の新作の開発に社内の専門家が600時間以上もの時間をかけてリサーチを重ねてきた。通常のステンレススティール素材のロイヤル オークのブレスレットを仕上げるには機械加工に6時間、その後ポリッシュと手仕上げ、組み立て、最終検査へと進めるのという工程に比べて、複雑な属性をもつこのブラックセラミック素材のブレスレットはその5倍もの時間をかけて同じ工程を進めていくのだ。「グランド・タペストリー」模様の文字盤はグレイにブラックのカウンターを備え、月そのものを写し取ったリアルなアストロノミカルムーンは他のブラックカラーのパーツとコントラストをなしている。

 

Ref.26579CE.OO.1225CE.01、自動巻 キャリバー 5134、パワーリザーブ 約40時間、ケース径41㎜、ブラックセラミックケース・ブレス、5気圧防水、チタン製APフォールディングバックル、52週表示つきパーペチュアルカレンダー、デイデイト、アストロノミカルムーン、 月、閏年、時、分

 

ロイヤル オーク・トゥールビヨン
エクストラ シン・オープンワーク

 オープンワークはスケルトン化とも言われ、素材をそぎ落として内に秘められたメカニズムの持つ芸術的美しさを引き出す手法でもある。素材をそぎ落としすぎると性能や耐衝撃性に影響を与えるため、時計づくりの中でも正確で緻密な技術を必要とし、内部構造の美しさを見せつつ、動作性と精度を確保するというバランスをとるという事は、非常に難易度の高い技巧が必要とされる。オーデマ ピゲではこの非常に高度な工程を1930年代から継続して行っており、現在でもこの工程は当時と同じように行われている。ファイリング、装飾と仕上げは全て手作業。これは審美的、技術的理由によるもので、例えば切削機械は角を美しく丸みを帯びた仕上げにすることができるが、入り角やV字形の角が光を反射する、オート・オルロジュリの芸術的側面を伝える完璧な仕上げにすることはできない。2012年にロイヤル オークの40周年を記念してつくられた初代ロイヤル オーク・トゥールビヨン・エクストラ シンは、当初プラチナモデルのみであったが、2016年にイエローゴールドモデルが発表された。2017年には新たにブレスレットとマッチしたヘアライン仕上げの18Kピンクゴールドと、ステンレススティールの2つの限定モデルがつくられた。先行のプラチナとイエローゴールドモデル同様、魅惑的なオーデマ ピゲの自社製キャリバー2924を搭載した手巻きスケルトンムーブメントを含む216の部品で構成されていて、それぞれのモデルに全く異なる仕上げが施されている。

26518OR.OO.1220OR.01、自動巻 キャリバー 2924、パワーリザーブ 約70時間、ケース径41㎜、18Kピンクゴールドケース・ブレス、2気圧防水、APフォールディングバックル、トゥールビヨン、パワーリザーブ、時、分、世界限定50本

 

RO_26331ST-OO-1220ST-01_SDT_Original300×400

ロイヤル オーク・クロノグラフ

 2017年の今年、1997年に最初のモデルが発表されたロイヤル オーク・クロノグラフは20年目を迎える。今年の新作クロノグラフには、2008年に登場した際に人気を得たモデルの復刻が見られた。1930〜1960年代のヴィンテージピースに見られるように、ロイヤル オーク・クロノグラフのダイヤルには常に趣向を凝らしたデザインが用いられている。新シリーズの7モデル全てに、装い新たなコンビカラーのダイヤル、3時位置・9時位置のサイズが大きくなったカウンター、短く幅が広くなったインデックス、蓄光処理箇所を増やしてより高い視認性を確保するなど幾つかの新しい要素が取り入れられ、日付のウインドウは4時位置と5時位置の間へと変更された。

26331ST.OO.1220ST.01 (写真左) 26331OR.OO.D315CR.01 (写真右)

自動巻 キャリバー 2385、パワーリザーブ 約40時間、SSケース・ブレスまたは18Kピンクゴールドケース・アリゲーター、5気圧防水、APフォールディングバックル、クロノグラフ、時、分、スモールセコンド、デイト

バリエーション:26331ST.OO.122OST.02(ブラックダイヤルにSSブレスレット)、26331ST.OO.122OST.03(シルバーダイヤルにいSSブレスレット)、26331OR.OO.D821CR.01(ブラウンダイヤルにブラウンアリゲーターストラップ)、(26331OR.OO.1220OR.01ブルーダイヤルに18Kピンクゴールドブレスレット)、26331OR.OO.1220OR.02(ブラウンダイヤルに18Kピンクゴールドプレスレット)

 

ロイヤル オーク・エクストラ シン

 1972年の初代ロイヤル オークの登場には、世界初のラグジュアリースポーツウォッチであったこと、堂々とした姿でありながら驚くべき薄さであったこと、そしてこのタイプの時計としては最も高価だったにも関わらず、ステンレススティールモデルのみであったことなど、いくつかの注目すべき点があった。1977年には初めてのイエローゴールドの39ミリモデルが登場し、その後間もなくアイコニックデザインとして知られるようになったロイヤル オークに、新たな一面が加わった。
 2016年に、オーデマ ピゲのラインナップにクラシックなイエローゴールドが復刻し、ロイヤル オークのいくつかのモデルが発表され、プレシャスメタルのロイヤル オークが初めて発表されてから40周年を迎える今年、オーデマ ピゲはイエローゴールドのエクストラ シンシリーズを新たに発表した。18Kイエローゴールドの「ジャンボ」には、クラシックブルーとヴィンテージにインスパイアされたシャンパンという2色の 「プチ・タペストリー」模様のダイヤルが採用され、明るさに満ちた1970年代の美しさを彷彿とさせながらも同時に、最先端の着け心地や仕上げ、正確性、信頼性を備えている。ひと目で分かる特徴を備え、優れた技術で仕上げが施されたこれらのモデルは、世界初のラグジュアリースポーツウォッチオリジナルであるロイヤル オークへのトリビュート。リファレンス 15202の全てのモデル同様、新たなイエローゴールドモデルには、半世紀前に世に出た自社製の超薄型自動巻キャリバー2121が搭載されている。

15202BA.OO.1240BA.01、自動巻 キャリバー 2121、パワーリザーブ 約40時間、18Kイエローゴールドケース・ブレス、5気圧防水、APフォールディングバックル、時、分、デイト

バリエーション:15202BA.OO.1240BA.02 イエローゴールドカラーダイヤルのモデル

 

ロイヤル オーク オフショア・ダイバー

ブライトでビビッドなカラーダイヤルを採用し好評を博した2016年のロイヤル オーク オフショア・ダイバー・クロノグラフに続き、オーデマ ピゲからクロノグラフ非搭載の同じような胸躍るカラーを採用したモデルが新作として登場した。ホワイト、ネイビー、イエロー、オレンジ、グリーンで展開するロイヤル オーク オフショア・ダイバーの新作モデルにはそれぞれ、時計と同じファンキーカラーのラバーストラップとブルーラバー(ネイビーダイヤルにはイエローラバー)のスペアストラップが付いている。「メガ・タペストリー」模様でホワイトゴールド製のアプライドインデックスと蓄光処理を施したロイヤル オークスタイルの針を採用するデザインは水中でも陸上でも高い視認性を得ることができる。

ROO_15710ST-OO-A027CA-01_SDT_Original_001ROO_15710ST-OO-A070CA-01_SDT_Original_001ROO_15710ST-OO-A051CA-01_SDT_Original_001ROO_15710ST-OO-A038CA-01_SDT_Original_001ROO_15710ST-OO-A010CA-01_SDT_Original_001

自動巻 キャリバー 3120、パワーリザーブ 約60時間、ステンレススティールケース・ラバーストラップ、30気圧防水、ステンレススティール製ピンバックル、ダイビングスケール、時、分、スモールセコンド

バリエーション:15710ST.OO.A027CA.01(ネイビーダイヤル)、15710ST.OO.A070CA.01(オレンジダイヤル)、15710ST.OO.A051CA.01(イエローダイヤル)、15710ST.OO.A038CA.01(グリーンダイヤル)、15710ST.OO.A010CA.01(ホワイトダイヤル)

 

【お問合せ】

オーデマ ピゲ ブティック銀座
〒104-0061 東京都中央区銀座6-5-13
TEL:03-6830-0788
営業時間:11:30〜19:30

オーデマ ピゲ ジャパン株式会社
TEL:03-6830-0000

オーデマ ピゲ(AUDEMARS PIGUET) 公式サイト

オーデマ ピゲ カタログを見る>

オーデマ ピゲ 正規販売店はこちら>

ページTOPへ