MENU

MENUを閉じる

image

ブランド腕時計正規販売店最新情報検索

時計Search

時計サーチの使い方初めての方へ

ブライトリング記事

【ブライトリング】新作ブライトリング エンデュランス プロ LIVE, PLAY, REPEAT !

2020.09.03

ブライトリングのエンデュランス プロは、温度補正スーパークォーツ™ムーブメントを搭載した究極のアスレジャーウォッチ。新メンバーとして、プロフェッショナル・コレクションに加わった。アスリート用の軽量ウォッチ、また日常的なスポーツ用のカジュアルなクロノグラフとしてデザインされた、軽量軽快なこの優れたスポーツウォッチでは、高精度と革新技術、そしてカラフルにきらめくデザインが一体化された。

 

ブライトリング エンデュランス プロは、ケース径44ミリの超軽量ブライトライト®ケースに温度補正スーパークォーツ™ムーブメントを搭載し、その精度は従来のクォーツの10倍を誇ります。理想的な快適性、類を見ない高精度、そしてプロアスリートにもスポーツ愛好者にも最適な機能性を備えている。プロ思考とスポーティなライフスタイルを融合させて活動的に生きる男女向けにデザインされたエンデュランス プロは、厳しいトレーニングに耐える性能だけでなく、ファッション性も豊か。日常での着用にもセンスが光る。

ブライトリングのジョージ・カーンCEOは次のように語る。「ヤン・フロデノが当社のトライアスロン・スクワッドのメンバーになったとき、どんなブライトリング時計を着用したらいいだろうかと私に尋ねました。私たちはスポーティなライフスタイルに完璧にマッチした時計を作ろうとブレインストーミングをスタートしたのですが、あのときの会話がエンデュランス プロの開発へと発展したのです。この時計では、仕事でも遊びでも同じようにハードに過ごすヤンのような人々のニーズを満たせるように、当社のスーパークォーツ™テクノロジーの調整を図りました。また、ブライトライト®ケースは非常に軽く、トレーニングやスポーツ活動をどれだけ行おうとも、邪魔に感じることはありません」

 

ブライトリングとスポーツ

スーパークォーツ™ムーブメントは、ブライトリングのプロフェッショナル・コレクションの各モデルに搭載されている。これらのツールウォッチは早くから探検家やパイロットに愛用されてきましたが、エンデュランス プロが今、このコレクションをスポーツ界へと導く。この世界では、ブライトリングも貴重な実績を残している。自転車競技では、ジロ・デ・イタリアやツール・ド・フランスなどのメジャーレース、あるいはサイクリング界の伝説的人物であるファウスト・コッピやジーノ・バルタリとパートナーシップを結んでいた。また、モータースポーツでも有名なラリーのスポンサーを務めたことも。当ブランドはスポーツに便利な機能を搭載した時計を長く提供し続けてきた。そしてこの度、エンデュランス プロがこの誇り高きヘリテージを受け継ぐことになったのである。

ブライトリングは今日、ランニングやサイクリング、水泳など、身近でありかつ熱心に取り組む方の多いスポーツを応援。これらはいずれも、トライアスロン大会で行われる競技。ハイパフォーマンスでありながら、誰でも自分のペースで楽しめるアクティビティなのだ。

 

ブライトリング エンデュランス プロ ストラヴァ チャレンジ

ストラヴァは、ランナーやサイクリスト向けの世界トップクラスのアプリ。スポーツのタイプに関わらず、アクティビティのさまざまな側面を追跡したり分析したりすることができる。そして今、世界中から参加者を募り、一緒に挑戦してもらおうと、ブライトリング エンデュランス プロ ストラヴァ チャレンジが生み出された。

2020年9月2日に開始するストラヴァ チャレンジの参加者には、ブライトリング コルナゴ C64バイク、ブライトリング エンデュランス プロ腕時計、ブライトリング ジャージーキットなど、素晴らしい賞品をご用意している。これらの賞品をゲットするには、水泳やランニング、サイクリング、あるいはハイキングなど、自分の好きなアクティビティを500分間行わなければならない。この500分という時間は、世界クラスのトライアスリートがトライアスロンを完走する平均的なタイム。トライアスロンのスター選手は500分間休むことなくレースを続けるが、ブライトリング エンデュランス プロ ストラヴァ チャレンジの参加者には、それぞれのアクティビティをやり遂げる期間として2週間が与えられる。賞品の当選者は、ストラヴァ チャレンジをやり遂げた参加者の中からランダムに選ばれる。(詳しくはwww.breitling.com/endurancepro

 

エンデュランス プロへのインスピレーション:ブライトリング スプリント

エンデュランス  プロは、驚くほどの軽さにパルスメーターを組み合わせた1970年代の忘れがたい時計、ブライトリング スプリントにインスパイアされている。心拍数を測りたいというアスリートにぴったりのこのモデルはレジン製で、装着感が飛び抜けていた。もちろん、1970年代のまばゆいカラーも用いられています。エンデュランス プロは明らかに、このデザインが現代的に進化したモデルなのだ。

 

スポーツの新伝説:エンデュランス プロ

新しいブライトリング エンデュランス プロには、5つのカラフルなバリエーションが用意され、どのモデルも、ブラックのダイヤルに、方位(N、S、E、W)を示す文字がエングレーブされた両方向回転式ブラックベゼルを装備。この5つのバリエーションは、際立った発色で明確に特徴づけられ、便利なパルスメーター目盛りが施されたインナーベゼルのカラーを、ホワイト、ブルー、イエロー、オレンジ、レッドからチョイスできる。この装備により、スポーツを行っている間も心拍数を簡単にチェックすることができる。組み合わせるDiverProラバーストラップはインナーベゼルリングと同色で、ブライトライト™ダブルピンバックルでしっかりと留められる。このまばゆい時計をさらにカラフルにしたいというエンデュランス プロ・ファンは、人の目をひきつけるこのクロノグラフにぴったりの、個性的なアウターノーンECONYL®ヤーンNATOストラップを別途お求めいただける。ストラップやインナーベゼルリングと同色のリューズは指の感覚だけでそれと認識できるように成型されており、つまみやすく、操作性にすぐれる。エンデュランス プロの心臓部はCOSC公認のブライトリング キャリバー82。搭載されているスーパークォーツ™テクノロジーが非凡な精度を保証する。

時分針はスーパールミノバ®でコーティングされ、どんな条件下でも時刻をはっきりと読み取ることができる。クロノグラフ秒針には赤いマークが施され、経過時間の追跡も容易に。また、視認性を向上させるデザインとして、スモールセコンドのサブダイヤルのほか、1/10秒および30分のクロノグラフカウンターも配されている。 ブライトリング エンデュランス プロの防水性は10気圧/100メートル/330フィート、国際保証は2年。

 

ブライトライト®:軽量高性能素材の境界を押し広げる

ブライトリングは2016年にブライトライト®を発表。丈夫で超軽量の素材は、明白な特性を持ち合わせ、そ軽さはチタンの約1/3、ステンレススチールの約1/6で、非磁性、熱安定性、低アレルギー性であるほか、傷や静止摩擦、腐食に対する耐性も優れている。また、触ったときの感じが金属よりも温かく、わずかに独特の素材感があり、デザインのオリジナリティが強調され、ブライトリングだけが提供できる、100%スイス製である。

 

ブライトリング エンデュランス プロ:LIVE, PLAY, REPEAT ! 人生を思う存分楽しもう!

まばゆいカラー、驚くほどの軽さ、他に類を見ない精度と機能性を備え、ブランドに新しいファンをもたらす魅力的な価格に設定されたブライトリング エンデュランス プロは、スポーツウォッチの中でもユニークなポジションを占める一モデル。プロアスリートのニーズに応えるのみでなく、くつろぎもアクティブなライフスタイルも同じように楽しみたい人にも最適である。

 

 

 

ブライトリング

1884 年以降、ブライトリングは、高精度のタイムピース、腕時計クロノグラフの開発をリードする役割、その卓越したデザインへの妥協のない取組みにおいて、国際的に高い評価を得たブランドとしての地位を確立してきました。航空界との密接な関係を古くから保ちながら、ブライトリングは人類が大空を自在に行き交うようになるその中で、素晴らしい時間を分かち合ってきました。革新の精神で知られるブライトリングはまた、科学、スポーツ、テクノロジー等の分野においても特別な地位を獲得しています。ムーブメントは自社製造。そして、どの時計においても「スイス製、COSC 認定クロノメーター」というステータスを通じて、その品質が保証されています。

Web     www.breitling.com
Facebook   www.facebook.com/breitling
YouTube www.youtube.com/breitling
Twitter www.twitter.com/breitling
Instagram https://www.instagram.com/breitling_japan/
Pinterest www.pinterest.com/breitling

 

■お問い合わせ先
ブライトリング・ジャパン株式会社 TEL. 0120-105-707

ページTOPへ