MENU

MENUを閉じる

image

ブランド腕時計正規販売店最新情報検索

時計Search

時計サーチの使い方初めての方へ

ヴァシュロン・コンスタンタン記事

【ヴァシュロン・コンスタンタン】2世紀に渡る女性用時計を東京・大阪の直営ブティックにて展示

2020.08.07

  • 18世紀の変わり目からヴァシュロン・コンスタンタンの創意あふれる時計づくりの世界を優雅に彩ってきた女性向けの時計
  • さまざまな芸術的な潮流を忠実に映し出すこの時計づくりの豊かな遺産を紹介するために、ヴァシュロン・コンスタンタンは、所蔵するヘリテージ・コレクションから女性用モデルをセレクト
  • ヴァシュロン・コンスタンタン直営ブティックにて開催される展示会で、これらの時計がオートクチュールの世界に敬意を表明

 

ヴァシュロン・コンスタンタンが敬意を表すオートクチュールは、厳密なコードをもち、厳しい規律が守られ、想像力に富んだ世界であり、それは時計と非常に近いものがありる。メゾンがプライベートに保存するヘリテージ・コレクションから選んだ時計は、このオートクチュールとの緊密な関係をあらためて浮き彫りにします。ヴァシュロン・コンスタンタン直営ブティックにて1か月間披露される時計の数々は、ヴァシュロン・コンスタンタンが2世紀以上に渡って女性用の時計の創作に取り組んできたことを証明している。

オートクチュールとオートオルロジュリー(高級時計製造)とは、まさにそれぞれの名に示されるように、密接な関係があることを証明している。オートクチュールのメゾンは、20世紀の半ば以来、アトリエでの服づくりからファッションショーに至るすべての活動をコード化する一連のルールに支配されてきた。当然ながらこの徹底的に厳格な規律に刺激を受けた各メゾンの想像力がオートクチュールのスタイルやラグジュアリー、クオリティといったすべての世界を形成している。ヴァシュロン・コンスタンタンなど、これに対するオートオルロジュリーでも同じようにしていくつもの教えが固く守られている。これによって、職人技や知識の融合から生まれるその時計が確かなオートオルロジュリーになる。ヴァシュロン・コンスタンタンがオートクチュールと共有している点は、独創的な創作に専ら意を注いで申し分のないクオリティを実現することや、メティエ・ダールならではの職人技への取り組みで、そしてまた、女性の分野に触れなくては、この密接な関係を想起させるのは困難である。女性の分野は、オートクチュールの表現にとって特別な場であり、ヴァシュロン・コンスタンタンでは、2世紀以上に及ぶアーティスティックな感性を体現する場でもあるのだ。

 

フェミニンなオートオルロジュリー

女性たちは、歴史の非常に早い時期から時計製造に関心を抱いてきた。多くは時計というオブジェで自身の装飾を引き立てるのが目的で、中には特異なものもあったが、一般的には通常はジュエリーとしての時計だった。とはいえ、これらの品の実用性が無視されていたわけではなく、女性向けのリピーター・ウォッチやカレンダー・ウォッチがたくさん作れていたことがその証拠。しかも20世紀前半に腕時計が普及する以前に腕に時計を初めて着けたのは女性であった。ヴァシュロン・コンスタンタンは、18世紀の変わり目に初めて作られた女性用の懐中時計から、現在のエレガントなレディス・ウォッチに至るまで、あらゆる時期に足跡を残してきた。完璧に体にフィットする素晴らしいオートクチュールのように、これらの時計はすべて夢や情熱を掻き立てる。

 

ヴァシュロン・コンスタンタンのヘリテージ:今なお生き続け、インスピレーションをもたらす至宝

ヴァシュロン・コンスタンタンのヘリテージ・コレクションには、1300点以上にものぼる時計が含まれ、レディス・ウォッチの分野における創作にも並外れた勢いがあったことを物語っている。歴史に残る最初のものは1815年に遡る。このイエローゴールド製の懐中時計は、ケースバンドに繊細な花を象った彫金が施され、ガーネットがそのモチーフを引き立てるデザインに特徴があり、メゾンが早くから女性向けに特別な注意を払っていたことを示している。機能的な時計や儀礼用の時計であれ、ジュエリー・ウォッチやスポーツ・ウォッチを問わず、ヴァシュロン・コンスタンタンが女性用として創作した時計は、常に芸術的な潮流を取り込むことができ、その時々の衣装のトレンドや、女性の社会的地位の変化、彼女たちの望みや、さらには自由奔放な気持ちに合わせることができた。こうしたレディス・ウォッチは、1800年代からヴァシュロン・コンスタンタンの最も熟達した時計づくりに絶えず影響を与えてきたのだ。

 

2世紀に及ぶ創作の軌跡を1回の展示会で振り返る

ヴァシュロン・コンスタンタンは、女性に向けた時計づくりの2世紀を描き出すためにヘリテージ・コレクションからいくつかの時計をシーン毎に選んだ。特別なイベントのために服をデザインする偉大なクチュリエと同じようにして、ヴァシュロン・コンスタンタンは、良きセンスの持ち主にとって「アクセサリー」の時計は不可欠なオブジェという点を考慮しながら、そのほか「ガラディナー(夜会)」や「アフタヌーンティータイム」、「ランチタイム」や「カクテルパーティー」と、それぞれのシーンでまとうファッションに合った時計を選んだ。

 

●シーン1:アフタヌーンティータイム
ダイヤモンドで装飾したイエローゴールドの女性用ブローチ時計
リファレンス 12020(1902年製造)

女性たちは腕に時計を着けるようになる前は、ブローチやペンダントとして身に着けることを好み、その一例がこの1902年の繊細なジュエリー・ウォッチ。イエローゴールドで作られ、細かく刻まれたケースバックにアンティークカット・ダイヤモンドがあしらわれている。

 

●シーン2:ガラディナー(夜会)
ダイヤモンドをセットしたプラチナチェーンとブラック・シャンルヴェ・エナメルの幾何学模様ブローチ時計
リファレンス 11845(1927年製造)

アールデコの時期に腕時計のケースは、古典的なラウンド(丸型)から解き放たれ、オーバル(楕円)やレクタングラー(長方形)、スクエア(正方形)などが現れる。ヴァシュロン・コンスタンタンは、こうした「フォルム」と総称される非ラウンド型を採用し、それらがブランドの紛れもないシグネチャーになった。バゲットカット・ダイヤモンド、パールをふんだんに配した、このプラチナチェーンから吊り下げられたブラック・シャンルヴェ・エナメルの幾何学模様のブローチウォッチには、当時のメゾンの旺盛な創作活動が表現されている。

 

●シーン3:ランチタイム
リンクがカーブしたブレスレットにブリリアントカット・ダイヤモンドを施した3トーンゴールドの腕時計
リファレンス 10770(1930年製造)

1920年代からヴァシュロン・コンスタンタンは、アール・デコ様式も取り入れた。ケースが純粋で正確なラインのものから、楕円形、長方形、正方形、アシンメトリーな形状に彫刻されたものなど、腕時計の形はますます多様になり、独創性が大いに発揮されたのだ。カーブした幅の広いリンクが特徴のブレスレットにクローズド・セッティング、ビーズ・セッティングされたブリリアントカット・ダイヤモンドを施したこの3トーンゴールドの時計は、その後に衣装の重要な構成要素となり、私たちのメゾンはクチュールや女性の要件に応えて、常にデザインの革新で注目された。

 

●シーン4:アクセサリー
イエローゴールドとアクアマリンがセットされたブラック・シャンルヴェ・エナメルの幾何学模様の収納式パース時計
リファレンス 10723(1930年製造)

狂騒の20年代は、人々の情熱を新たな世界の探求へと駆り立て、大西洋横断航路が実現し、異国が目的地になった。その結果、まったくプライベートな仕方でいつでも時刻が確認できるトラベルウォッチが旅行を通して着けられるようになった。シャンルヴェ・エナメルで描いた幾何学模様で装飾したこのイエローゴールド製の時計のように、それらは基本的にアールデコ・スタイルから着想して作られ、ジェムセッティングやエナメルといったメティエ・ダールが自由奔放に用いられたものだった。

 

●シーン5:カクテルパーティー
イエローゴールドの結びひも型女性用腕時計
リファレンス 10474(1967年製造)

懐中時計の小型化によって腕時計が出現した一方で、限りなく小さい時計を作ることにも情熱が注がれ、それが極端に小さなサイズを特徴とするムーブメントで表現されるようになる。エレガントな時計づくりや、上質なジュエリー・ウォッチの繊細なデザインに完璧にマッチしたこれらのムーブメントには、ヴァシュロン・コンスタンタンにおいて完全にマスターされた絶妙な技術が駆使されている。その好例は、超小型ムーブメント。このイエローゴールドのモデルのように、特別なフォルムのケースや彫刻的なケースに組み込まれたストラップには、ジュエリーの魅力的な世界を探求したいというウォッチメーカーの欲求が表れていた。

 

【スケジュールご案内】

VACHERONCONSTANTIN’SHERITAGELADIESEXHIBITION

ヴァシュロン・コンスタンタンブティック銀座店

【日程】2020年8月1日(土)~8月16日(日)
【営業時間】平日13:00~19:00、土日祝12:00~20:00(定休日なし)
【場所】ヴァシュロン・コンスタンタン銀座ブティック2階
東京都中央区銀座7-8-8Tel:03-3569-1755
【お問い合わせ】0120631755

 

ヴァシュロン・コンスタンタンブティック大丸心斎橋店

【日程】2020年8月18日(火)~8月23日(日)
【営業時間】10時〜20時(定休日なし)
【場所】大丸心斎橋店本館6階大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-7-1Tel:06-6271-1231(代表)
【お問い合わせ】0120-63-1755

 

ヴァシュロン・コンスタンタンブティック新宿伊勢丹店

【日程】2020年8月25日(火)~8月30日(日)【営業時間】10時〜20時(定休日なし)
【場所】伊勢丹新宿店本館5階東京都新宿区新宿3-14-1Tel:03-3352-1111(代表)
【お問い合わせ】0120631755

 

※今後の状況により、営業時間変更または臨時休業を実施する場合がございます。

 

【お問い合せ】
ヴァシュロン・コンスタンタン
Tel: 0120-63-1755
https://www.vacheron-constantin.com

 

ページTOPへ