MENU

MENUを閉じる

image

ブランド腕時計正規販売店最新情報検索

時計Search

時計サーチの使い方初めての方へ

ブランドニュース

【ジャガー・ルクルト】 新作 マスター・グランド・トラディション・ジャイロトゥールビヨン3を発表

メテオライトと高級時計製造との出会い ~伝統的な芸術技巧と希少なメテオライト象嵌技巧を融合~

2019.10.21

ジャガー・ルクルトが、グランド・メゾンとしての中核的価値観を象徴する、新しい「マスター・グランド・トラディション・ジャイロトゥールビヨン 3」を発表。このモデルは、ジャガー・ルクルトの象徴でもある多軸トゥールビヨンの極めて優れた技術と、最高レベルの芸術的クラフツマンシップを融合させたものだ。

2013年、ジャガー・ルクルトは創業180周年を記念して、初の「マスター・グランド・ トラディション・ジャイロトゥールビヨン 3」を発表した。第三世代に渡るジャイロ トゥールビヨンの解釈と、瞬時にデジタル表示され魅力溢れる類稀なクロノグラフを組み合わせることで、最も高度な技術の洗練性を体現した。

しかしながら、ジャガー・ルクルトは、さらなる革新を求め、今回の新しい「ジャイロ トゥールビヨン 3」では、マニュファクチュールの希少なクラフツマンシップ(メティエ・ラール®)の職人が持つ極めて優れた技能を活用し、希少で高級感溢れるタイムピースを新たなレベルにまで 昇華させたのだ。ダイヤルには、職人の手作業によるギョーシェ彫り、エングレービング、グラン・フー エナメルといった伝統的なクラフツマンシップ(メティエ・ラール®)が随所に見られ、稀有な技巧であるメテオライト象嵌も取り入れられている。

また、ダイヤルの表面では、控えめにきらめくディープブルーのアベンチュリンと、美しい輝きを 放つピュアホワイトのグラン・フー エナメルが、シルバーグレーのメテオライトが織りなす 幾何学模様の魅力が際立ち、このように素材、カラー、表面の模様が互いに作用しあって美しいハーモニーを奏で、ピンクゴールドのケースとダイヤルに施されたディテールの温かさと高級感がそのハーモニーを引き立てる。

マスター・グランド・トラディション・ジャイロトゥールビヨン 3

今回のモデルに選ばれたギベオンのメテオライトは、ナミビアで発見された、オクタヘドライト型の結晶構造を持つ鉄-ニッケル合金です。この合金は、宇宙空間に存在する小惑星の破片が、先史時代に地球に衝突する前に、何十億年もかけて冷やされたことによって形成され、光を捉えると結晶構造が交差して生み出される抽象的な幾何学模様は穏やかに揺らめくが、これは幾何学模様の配列が不規則であり、メテオライトの薄片ひとつひとつが他のどれとも微妙に異なることで起こる。

更に、このメテオライトがジャーマンシルバーのブリッジに象嵌されているだけでなく、メテオライトのディスクが時刻表示のダイヤル中央に配されており、植字インデックスを備えたアベンチュリンのリングがその周りを囲んでいる。クロノグラフ表示では、ホワイトのグラン・フー エナメルのリングが、アベンチュリンのディスクの周りを囲み、経過時間を秒単位で表示。デイ/ナイト表示を構成する24 時間プレートの上には、ゴールドの半円が2 つ付いており、それぞれ昼と夜を表している。昼を表すホワイトの半円には、職人の手作業によるギョーシェ彫りとサンレイ模様のエングレービングが施されるとともに、植字とポリッシュ仕上げによるピンクゴールドの太陽があしらわれている。また夜を表す半円には、植字とポリッシュ仕上げによるピンクゴールドの三日月と星が、鮮やかなブルーの背景に配されている。

3つの重なり合ったダイヤルは、非対称的ながらも見事なバランスで層を成しており、ダイヤルに奥行きがあるような印象を与え、また、ムーブメントが垣間見えるのも魅力的だが、一見では支えが視認されず、あたかも空中を回転するかのように見えるトゥールビヨンの圧倒的な魅力に完全に目を奪われる。

メテオライトがまさに主役を務めるのは、ムーブメントの裏側。ブルースクリュー、ルビー、手作業での面取りとポリッシュ仕上げが施され輝きを放つ宝石の皿穴、ブリッジ、地板、サテン仕上げが施され境目がマットな印象となったジャーマンシルバーの地板など、カラーとテクスチャーが繊細でありながらも活き活きと融合することにより、メテオライトの抽象的な幾何学模様が引き立てられ、地板とブリッジのすべての魅力をさらに高めている。

世界でもわずかな職人だけが習得している技巧のメテオライト象嵌は、類稀な精度と器用さが必要で、まず職人はジャーマンシルバーの地板またはブリッジの表面を、メテオライトの破片の厚さと完全に一致する深さにくり抜き、境目にはジャーマンシルバーの細帯のみが残るようにしている。

新しい表面にポリッシュ仕上げを施したら、メテオライトを置き、縁がカーブを描く複雑な境目に継ぎ目が見えないように収め、表面と境目とがぴったり重なり完全に平らで一体化した面を作り、これは1mm にも満たない単位で計測される、この上なく手の込んだ正確な作業である。

これほどの精密さが求められる作業であるからこそ、ジャイロトゥールビヨン機構は驚くほど高い精度を実現できるのだ。極めて希少で複雑なこの多軸トゥールビヨンは、2 つのケージから構成され、2 つの異なる角度でセット、異なる速度で反対向きに回転し、ブルーの球体ヒゲゼンマイがケージ中央で心臓のように鼓動する。「ジャイロトゥールビヨン 3」に使用されている片持ちのフルアルミニウム製ケージは、トゥールビヨン・ブリッジがないため、空中に浮いているかのように見えるのだ。

機械式手巻ムーブメントのキャリバー176 では、完全一体型クロノグラフを採用。秒は従来のラウンド型ダイヤルに表示され、分単位の経過時間は、瞬時にジャンプするデジタルカウンターに表示されている。

真の芸術職人と時計製造の誇りをかけて考案、制作された新しい「マスター・グランド・トラディション・ジャイロトゥールビヨン 3 ‘メテオライト’」は、ジャガー・ルクルトが築き上げた技術の究極の表現と言えるだろう。

 


 

技術仕様

サイズ
43.5 mm
厚さ
15.8 mm
ムーブメント
ジャガー・ルクルト製キャリバー176(機械式手巻)
機能
瞬時にデジタル表示されるシングルプッシュボタンのクロノグラフ、時、分表示、デイ/ナイト表示、ジャイロトゥールビヨン
パワーリザーブ
45 時間
ケース
ピンクゴールド製
ダイヤル
アベンチュリン、ホワイトエナメル、メテオライト、職人の手作業によるギョーシェ彫り、デイ/ナイト表示
ケースバック
オープン
防水性
50 m
リファレンス
Q5032441
世界8本限定生産

 

■お問い合わせ先
ジャガー・ルクルト TEL : 0120-79-1833

 

ページTOPへ