2針・3針部門グランプリ

厚さ5.87㎜のケースに収納するキャリバーL093.1は、その厚さもわずか2.9㎜に抑える。スワンネックやエングレービングはそのままに、その薄さを実現するため、ブランドのシンボルである洋銀製4 分の3 プレートをくり抜いている。パワーリザーブは72時間。

詳細を確認する

A.ランゲ&ゾーネ
サクソニア・フラッハ37㎜

品質、デザイン、価格、魅力の三拍子が揃った小ぶりケース
2011年に登場したブランド初の2 針、サクソニア・フラッハが5 年を経てフェイスリフトした。バーインデックスは従来のドットを省き、シンプルに延長。端正な顔立ちをより引き締める。さらに今回新たに加わった37㎜径は凝縮感とともに、手首への装着感が増す。プライス訴求も高く、まさにバランスの取れた秀作だ。手巻き。径37㎜。18KWGケース。アリゲーターストラップ。171万円。
(問)A.ランゲ&ゾーネ☎03-4461-8080

>> 対談記事を読む

2針・3針部門ノミネート

BRAND
IWC
NAME
パイロット・ウォッチ・マーク XVIII
Ref NO.
IW327001
PRICE
¥561,000(税込)
DETAIL
パイロットがさらに熟成進化
80周年を迎え、シリーズが一新。質実剛健さを増す一方、サントーニ製のストラップなど細部はさらに上質に。 全文表示

BRAND
VACHERON CONSTANTIN
NAME
オーヴァーシーズ・エクストラフラット
Ref NO.
2000V/120G-B122
PRICE
¥7,040,000(税込)
DETAIL
薄さとWGの重厚さがマッチ
人気シリーズがデザインを一新し、薄型に。着脱式ブレスに、ケース厚は7.5㎜に抑える。 全文表示

詳細を確認する

BRAND
CARTIER
NAME
ドライブ ドゥ カルティエ
Ref NO.
CRWSNM0004
PRICE
¥704,000(税込)
DETAIL
現代を生きる男たちに捧ぐ
クッションケースをベースに、独自の美学で仕上げたメンズウォッチ。 全文表示

BRAND
BLANCPAIN
NAME
ウルトラスリム
Ref NO.
6653-1504-55B
PRICE
¥2,365,000(税込)
DETAIL
針の動きに映える美文字盤
新色サンバーストグレーダイヤルに、30秒レトログラード秒針の動きが楽しめる。 全文表示

詳細を確認する

BRAND
BREGUET
NAME
クラシック 7147
Ref NO.
7147BB/12/9WU
PRICE
¥2,563,000(税込)
DETAIL
伝統技法の美は時を超える
初代ブレゲが発案した草創期の手彫りギョーシェ装飾を異なる仕上げで取り入れる。 全文表示

詳細を確認する

BRAND
NAME
Ref NO.
PRICE
(税込)
DETAIL
進化を続ける傑作
85周年を迎え、シリーズをフルリニューアル。自動巻きを中心に据え、実用的に進化。 全文表示

詳細を確認する

BRAND
ZENITH
NAME
エリート 6150
Ref NO.
03.2272.6150/51.C700
PRICE
¥836,000(税込)
DETAIL
人気の薄型に青文字盤を追加
100時間駆動の最新エリート搭載機に、トレンドの青文字盤が加わった。 全文表示

詳細を確認する

BRAND
CARL F. BUCHERER
NAME
マネロ ペリフェラル
Ref NO.
00.10917.08.33.01
PRICE
¥924,000(税込)
DETAIL
自社ムーブ搭載の第2弾は丸型
ペリフェラルローターを採用した新開発の自社ムーブメントCFB A2050を搭載。 全文表示

詳細を確認する

価格は全て税込の総額表示です。
本サイトに掲載されている商品の取り扱い状況につきましては、2016年12月10日時点のものとなります。
随時商品状況は動いておりますので、最新情報は各取扱店に直接ご確認ください。
本サイトに掲載されている商品は、各メーカーから転載許可をいただいたもののみ掲載しております。ご了承ください。

時代の空気を捉え
進化を続ける王道時計

中里まずこのクラスのトピックは、ジャガー・ルクルトのレベルソがいよいよ自動巻き化したことです。

吉田過去にも自動巻きはグランスポールやスクアドラがあったけれど、レギュラーモデルでの登場は喜ばしい限り。でも価格が上がったのが……。

髙木自動巻き化は評価できますね。自動巻きになったのにもかかわらず、ケースも薄く、装着感もいい。

松阿彌手巻きのトリビュート1931が併売だから、好みで選べる点は良心的だよ。

吉田とくに女性の場合、手巻きは爪を傷めるので嫌がるしね。

柴田そうした使い勝手を汲み取れるかが時計にも求められているということでしょう。

髙木ゼニスのエリート6150はカラー追加だね。

柴田シンプルなだけでは物足らないユーザーは、カラーダイヤルで選択の幅が広がりました。

吉田ブヘラのマネロ ペリフェラルはCFB A2000系の新しいムーブメントを搭載したことで話題に。

松阿彌候補外ですが、グラスヒュッテ・オリジナルのセネタもよかったです。100時間のロングパワーリザーブ!

松山ブレゲのクラシック 7147は潔いね。ケースは大きめだけど、その分ギョーシェが際立つ。名門ブランドではヴァシュロン・コンスタンタンのオーヴァーシーズ・エクストラフラットもいいよね。秒針もカレンダーも省いたところがドレッシーだ。

岸田グレーダイヤルの微妙な色のニュアンスには思わず見惚れます。

松阿彌対してリーズナブルなのはIWCのパイロット・ウォッチ・マークXⅧ。デザインのバランスがいいし、サントーニ製ストラップも太さを変えたりと凝ってる。

吉田シンプルな中でも個性を発揮するのがブランパンのヴィルレ ウルトラスリムです。30秒レトログラードは見ても楽しく、ダイヤルも美しい。

柴田カルティエのドライブ ドゥ カルティエは昨年のクレに続き、新たなデザインコードを作りつつあるように思えます。丸型と角型の中間型ケースをより掘り下げるというか。

髙木いずれも薄さというドレッシーさを堅持していて、これは搭載する薄型ムーブメントMC1904の恩恵。でも個人的にはA.ランゲ&ゾーネのサクソニア・フラッハ37㎜を推すね。薄型化への作り込みに加え、40㎜径と比べると随分お買い得感がある。

中里こうして見ると同じ2針・3針でも、ドレス系とスポーツ系ではベクトルが違いますね。ポイントは完成度なのかバランスなのか。

髙木バランスだと思うな。ベーシックモデルでもあり、大人が使えるドレスウォッチでもあるのだから。価格と品質のバランス、とくにスポーツ系は素時計だから機構や仕上げではない。

岸田デザイン的にもシンプルになるほど要素を盛り込めないので、バランスに目が行きます。

市塚それに長く使える時計だし、10年先も見据える必要がありますね。

柳町IWCにリアリティを感じる一方、長く使うと考えるとランゲも射程に入ります。

髙木たとえランゲの複雑系を持っていても、日常使いはサクソニアを選びたくなるかも。

一同そうだよね。

グランプリ受賞商品

ブランド
A.LANGE & SÖHNE
商品名
サクソニア・フラッハ 37mm
Ref(品番)
LS2013AM 201.027
ムーブメント
手巻き
ケース素材
18Kホワイトゴールド
ベルト
アリゲーターストラップ
防水
3気圧
サイズ
37.0mm
特徴

A.ランゲ&ゾーネ最薄モデル

価格
¥1,947,000(税込)

各部門グランプリ