コストパフォーマンス部門グランプリ

歴史的タイムピースを復刻するヘリテージコレクションでは、これまでも多くのパイロットウォッチが登場。右に50度傾斜させたフェイスは、手首の内側につけると文字盤が正対し、操縦桿から腕を離すことなく、瞬時に正確な時刻を読み取ることができた。

詳細を確認する

ロンジン
ロンジン アヴィゲーションウォッチType A-7 1935

ユニークな外見に機能美溢れるパイロットクロノ
1935年に開発されたアーカイブのパイロットウォッチをベースに、黒文字盤が主流だった当時は稀少だった白文字盤を採用する。懐中時計の12時位置のリューズを避けてラグ付けした結果、クロノグラフの操作性に加え、装着時の視認性も向上した。ワンプッシュはグローブをつけた指先でも操作しやすい。自動巻き。径41㎜。SSケース。アリゲーターストラップ。41万2000円。
(問)ロンジン/スウォッチ グループ ジャパン☎03-6254-7351

>> 対談記事を読む

コストパフォーマンス部門ノミネート

BRAND
ORIS
NAME
ダイバーズ 65
Ref NO.
733 7720 4055M
PRICE
¥242,000(税込)
DETAIL
レトロダイバーズに新作登場
1965年製ダイバーズを復刻した人気モデルにブレス仕様が加わった。ドーム風防はサファイアクリスタル。 全文表示

詳細を確認する

BRAND
TISSOT
NAME
ティソ ヘリテージ1936
Ref NO.
T104.405.16.012.00
PRICE
¥121,000(税込)
DETAIL
中味から細部まで当時を再現
1936年の懐中時計にラグ付けしたスタイル。ハンターケース。 全文表示

詳細を確認する

BRAND
FREDERIQUE CONSTANT
NAME
クラシック アート オブ ポーセリン
Ref NO.
FC-302P4S4
PRICE
¥341,000(税込)
DETAIL
RGケースに映えるポーセリン
SSケースに続き、バリエーションを追加。ジョルナイは1853年設立のハンガリーの陶磁器工房。 全文表示

詳細を確認する

BRAND
MIDO
NAME
マルチフォート クロノグラフ メンズ
Ref NO.
M0256273606110
PRICE
¥274,670(税込)
DETAIL
渋色のモダンヴィンテージ
チャコールPVDケースに、文字盤のジュネーブストライプがヴィンテージを演出。 全文表示

詳細を確認する

BRAND
JUNGHANS
NAME
マイスター パイロット
Ref NO.
027/3591.00
PRICE
¥319,000(税込)
DETAIL
細部までこだわったスタイル
1950年代のパイロットウォッチがモチーフ。ベゼルには深いノッチを刻み、インダイヤルに凹凸をつける。 全文表示

詳細を確認する

BRAND
RADO
NAME
ラドー ハイパークローム ウルトラライト
Ref NO.
01.766.0069.3.111
PRICE
¥335,500(税込)
DETAIL
枯山水とハイテク素材の邂逅
文字盤には同心円状から直線につながるへアラインの装飾を入れる。 全文表示

BRAND
LOCMAN
NAME
ステルス トレチェントメトリ カーボン クロノグラフ
Ref NO.
218
PRICE
¥242,000(税込)
DETAIL
ケースはフォージドカーボン
先端素材フォージドカーボンにも遂に価格破壊が。 全文表示

詳細を確認する

価格は全て税込の総額表示です。
本サイトに掲載されている商品の取り扱い状況につきましては、2016年12月10日時点のものとなります。
随時商品状況は動いておりますので、最新情報は各取扱店に直接ご確認ください。
本サイトに掲載されている商品は、各メーカーから転載許可をいただいたもののみ掲載しております。ご了承ください。

百花繚乱の個性と
比例するコスパの高さ

髙木ロックマンのステルス トレチェントメトリ カーボンクロノグラフはクォーツだけど、フォージドカーボンケースの300m防水で22万円!

松山セイコーのプレザージュ プレステージラインはほうろう文字盤の雰囲気がいいね。漆仕上げの黒文字盤も、視認性がとてもいい。

柴田この部門はいちばんの激戦区。シングルプッシュクロノから復刻ダイバーズまで、ジャンルも幅広い。復刻といえば、オリスのダイバーズは本格的。

吉田2015年モデルのバリエーションで、オリジナルデザインではないけれど、違和感はない。コスパではミドーのマルチフォート アドベンチャー クロノグラフが60時間パワーリザーブのムーブメントを搭載しています。歴代には名作モデルも数多いし、再上陸した今後が楽しみ!

松山ロンジンのアヴィゲーションウォッチType A‐7 1935は好みだな。

吉田コラムホイールのワンプッシュクロノグラフですしね。

柴田フレデリック・コンスタントのクラシック アート オブ ポーセリンは魅力的だな。名窯ジョルナイの文字盤で31万円。シチズン傘下になり、今後も目が離せません。

吉田ラドーのハイパークローム ウルトラライトのデザインは面白いよね。コンセプトも独創的だし。

松阿彌禅寺の枯山水ね。オートマチックの表記も縦組みだし。

岸田すごく都会的だと思う。デザイナーは漢字好きじゃないかな。

髙木ユンハンスのマイスター パイロットは歴史的なジャーマンパイロットウォッチ。3針に今年クロノグラフが加わった。

松阿彌ベゼルのノッチが深くて、シンプルだけど個性もあるし。

吉田ティソのヘリテージ 1936も懐中時計からの遍歴を感じさせる。

市塚ムーブメントもユニタスだし、ハンターケース。凝ってるな。

中里この部門にはフォージドカーボンやポーセリンといった、これまで高価格帯の仕様だったものがどんどん取り入れられ、魅力が多様化するとともに、競争も激化しています。

髙木スウォッチ グループ系が強いのもスケールメリットが生かせるから。

柳町スペック的に魅力的なモデルが多く、実質勝負ですね。

吉田エントリークラスということを考えると、フォージドもクラシックもいずれも2本目という印象があるけど。

柴田スマートウォッチが出た時に、まずそこで腕時計に興味を持ったエントリー層が次に移行するのがこの価格帯で、それを充実させるべきというのが時計業界の認識でした

髙木そうなるとオーセンティックなダイバーズという手もある。

松山ただ夢も必要なんだよね。理想としては、ロンジンのようなクラシックなモデルから機械式時計に興味を持って欲しいと僕は思うんだ。

柴田とくにスマートウォッチで実用性を味わったら。

髙木なるほど。僕らがアンティークから時計に興味を持ったようにね。

吉田ロンジンが毎年こうしたモデルを出してくるのもそうした思いがあるのかもね。その評価も込めて。

グランプリ受賞商品

ブランド
LONGINES
商品名
ロンジン アヴィゲーション タイプ A-7 1935
Ref(品番)
L2.812.4.23.2
ムーブメント
自動巻
ケース素材
ステンレススティール
ベルト
アリゲーターストラップ
防水
3気圧
サイズ
41.0mm
特徴
価格
¥453,200(税込)

各部門グランプリ