ドレス部門グランプリ

ドイツ高級時計の担い手として2008年に新生したグロスマンにとって、テフヌートは魅力の幅をさらに広げる野心作だ。プレートは従来の3分の2から5分の3に変え、理路整然とした輪列が際立つ。厚さはわずか4mmに抑えつつ、18歯のガンギ車や独自の緩急調整機構を備える。長めのインデックス、滑らかなシェイプの針はユニセックスとしても。

詳細を確認する

モリッツ・グロスマン
テフヌート

ドイツ時計が
さらに進化した
現代のクラシック
ドレスウォッチは時計ブランドの顔であるとともに、シンプルであるほど他との差別化は難しく、技術やデザインの差が歴然となる。そこにブランドの実力がいかんなく発揮され、魅力も多様化するのである。グランプリに輝いたモリッツ・グロスマンは、伝統的な時計機構を現代の視点で見つめ直し、それを熟練の技術で具現化した。古典美をリアルタイムで楽しめる、まさに僥倖である。手巻き。3,024,000円(税込)。
(問)モリッツ・グロスマン・ジャパン☎03-5615-8185

>> 対談記事を読む

ドレス部門ノミネート

BRAND
H.MOSER & CIE
NAME
ベンチャー・スモールセコンド
Ref NO.
2327-0200
PRICE
¥2,420,000(税込)
DETAIL
潔い白文字盤に漂う技術への自信
ネオヴィンテージのモデルに初のローマ数字インデックスとWGケースが登場。文字盤の際に位置したスモールセコンドに技術への自信を漂わせる。 全文表示

詳細を確認する

BRAND
BVLGARI
NAME
ブルガリ-ブルガリ フィニッシモ
Ref NO.
102357 BB41BSLXT
PRICE
¥1,551,000(税込)
DETAIL
極薄ムーブメントに待望のSSが登場
ブルガリウォッチの名作の誕生40周年を祝すモデル。極薄の自社キャリバーは厚2.23㎜ながら、65時間のロングパワーリザーブを誇る。 全文表示

BRAND
BAUME & MERCIER
NAME
クリフトン ビックデイト パワーリザーブ
Ref NO.
10205
PRICE
¥451,000(税込)
DETAIL
控え目ながらデザイン性が光る
特徴的な数字インデックスと針を同色で統一。ケースとのコンビカラーも洗練を感じさせる。カレンダーとパワーリザーブのバランスもいい。 全文表示

詳細を確認する

BRAND
Mühle Glashütte
NAME
トイトニアⅢ
Ref NO.
M1-08-11-LB
PRICE
¥352,000(税込)
DETAIL
エナメルの艶感が漂う白文字盤
初採用の多層仕上げのラッカーダイヤルは、エナメルのような光沢。ブレゲ針やコインエッジ様のベゼル装飾などクラシックにこだわる。 全文表示

詳細を確認する

BRAND
NAME
スリム ドゥ エルメス SS
Ref NO.
PRICE
¥869,000(税込)
DETAIL
インデックスに宿る美的感性
タイポグラフィーにこだわった独自のアプローチ。空気が流れるような軽やかさを表現している。ワイヤーラグを思わせるデザインも秀逸だ。 全文表示
BRAND
BLANCPAIN
NAME
ラージデイト
Ref NO.
6669-3642-55B
PRICE
¥2,332,000(税込)
DETAIL
古典的な意匠に中味は最新鋭
全体に安定感を与えるビッグデイトと、長い針との対比が正統を感じさせる。ヒゲゼンマイをシリコン化し、中味も先進へ。 全文表示

詳細を確認する

価格は全て税込の総額表示です。
本サイトに掲載されている商品の取り扱い状況につきましては、2015年12月10日時点のものとなります。
随時商品状況は動いておりますので、最新情報は各取扱店に直接ご確認ください。
本サイトに掲載されている商品は、各メーカーから転載許可をいただいたもののみ掲載しております。ご了承ください。

シンプルだからこそ
中味へのこだわりに注目

柴田ドレスウォッチは時計の王道のスタイルであり、数年前は原点回帰の傾向もあり、百家争鳴の感もありました。それもすこし落ち着き、シンプルな中にも各社それぞれの個性を競っています。

松阿彌ブルガリは超薄型ムーブメントのフィニッシモにSSモデルが出て、グッと身近になった。

松山僕はグロスマンを推したいね。

柴田グロスマンは2針、薄型でケース径も小さいですね。

市塚39mmで、40mm超である同社の他のモデルに比べると、引き締まった印シンプルだからこそ中味へのこだわりに注目象です。

髙木薄くするために、ネジ式の緩急針をより薄くして内側に収めるようにした。それに2万1600振動もグロスマンでは初のハイビート。これはテンプを14・2mmから10mmに小径化して、高振動にしたという懲りよう。

柴田インデックスや針のデザインはややフェミニンな印象もあるけどね。

髙木ボーム&メルシエはどうかな。ビッグデイトにパワーリザーブ付き。芸が細かく、ここ何年間で仕上げもぐっと良くなっているよ。

吉田こうして見ると、ドレスウォッチといってもスタイルや機能は多様化していて、十把一からげでくくれない気もします。

松阿彌モーザーも注目です。白文字盤にブルースチール針がいいね。ノミネートされたモデル以外にも、文字盤にインデックスやロゴなどまったく入れてないモデルがあって、それは気に入ったな。フュメダイヤルの美しさがさらに際立ってね。

髙木それでもモーザーとわかるところが素晴らしい。

吉田でもこのジャンルはやはり機械の魅力は外せないよね。

髙木その点でもエルメスのスリムドゥ エルメスはいいね。ヴォーシェ社製だし、これはパルミジャーニやリシャール・ミルも使っている名ムーブメントがベースになっている。

中里エルメスは価格もお手頃感がありますね。

松山これだけ特徴のあるインデックスでも読みやすいし。

髙木著名なデザイナーでエルメスのポスターなんかも手がけているそう。

吉田シンプルなのに、個性を感じさせるのがエルメスっぽいね。

髙木それでもやっぱりグロスマンかな。ジャーマンシルバーの機械の仕上げを見ても美しい。

柴田ケース径が小さくなった分、緻密感もあるしね。

松山値段もいい。伝統と革新性が見事に融合して、いま手に入れる価値があるよ。

粕谷この間ブティックに行ったら、30歳台かな? 若い感じの男性が買っていましたよ。時計好きにはたまらないんでしょうね。

吉田ミューレはどうです? 何層も重ねたラッカー塗装のダイヤルが気に入ってるんだけど。

髙木ダイヤルの美しさでは、ブランパンのヴィルレのラージデイトも好きだな。

柴田カレンダーの配置といい、潔さと風格のバランスがいい。でもラージデイトがこれまでヴィルレになかったというのも驚きです。

松阿彌普遍的とはこういうことなんでしょう。

髙木でもガンギとアンクルはシリコン化し、中味は進化しているよ。

吉田いまやパーツのシリコン化は大きな流れだけど、グロスマンのようなドイツ系は頑なに拒んでますね。

松山シリコンパーツは限られたスイスのパーツメーカーしか作っていないこともあるけれど、それ以上にドイツ時計らしさの表れじゃないかな。長い時計史から見ると経年変化はまだ実証されていないし、次の世代にどうなるかわからない。その実直なこだわりも好印象だし、こういうブランドにこそがんばって欲しい。そんなエールを込めてグランプリを上げたいね。

グランプリ受賞商品

ブランド
MORITZ GROSSMANN
商品名
テフヌート
Ref(品番)
MG04.F-01-A000352
ムーブメント
手巻き
ケース素材
18Kローズゴールド
ベルト
アリゲーターストラップ
防水
日常生活防水
サイズ
39.0mm
特徴
価格
¥3,410,000(税込)

各部門グランプリ