ブランド腕時計正規販売店最新情報検索

時計Search

時計サーチTOP > hmt > チラグ

チラグ

hmt

hmt(HindustanMachineToolsLimited)社は、最先端の工業技術を有するインドの代表的な国営企業です。
インドに時計の技術が伝来したのは14世紀(室町時代)頃で、近代には海外の時計会社との技術提携により、高品質な時計が生産されてきました。hmtは、遡ること1世紀以上も昔の英国の植民地時代に、インドの近代化を目的とした国営企業として、英国政府により設立されました。設立当初は、ポンプの製造会社としてスタートしましたが、徐々に業務内容を拡大し、機械製造分野へと発展を遂げています。
hmt社において時計の生産は創業時から行われてきましたが、時計部門の独立は1953年です。その時計部門の本部とメインのファクトリーはインドのシリコンバレーとして名高い教育と技術の中心地であるバンガロールです。そこでは、スイスや日本の技術を取り入れた手巻式の時計から生産を開始し、自動巻時計の製造にも着手した後、70年代にはアナログとデジタルのクォーツ時計の製造にまで技術と規模を拡大しています。今日では、インド国内に14ヶ所の時計工場を所有しており、時計製造だけで8千人のスタッフが従事。その内の10%以上の従業員により品質管理が行われ、最高品質を維持するために日々努力と研究が重ねられています。こうした体制でhmt社の時計は、細部に至るまで全て自社で製造され「ISO9000(国際品質標準機構)」にもとづいて近年には日本にも輸出されました。
完全自社製造を行なうhmt社の製品で最も興味深いのが機械式の「キャリバー020」と呼ばれる手巻ムーブメント。センターセコンドの3針時計で耐震装置(ショックアブゾーバー)に「パラショック」を採用しています。このパラショックは、1956年に日本のシチズン社が開発した日本初の機械式腕時計用耐震装置です。開発当時、その耐久性を実証するためにヘリコプターを使って上空30メートルからの落下テストを敢行し、見事に耐久性を実証。シチズンの技術力の高さを世界に知らしめました。その品質の高さから、当時は日本の旧国鉄をはじめ多くの鉄道会社の鉄道員用として、「ホーマー」というモデル名で支給されたエピソードは非常に有名です。
衝撃に強く、高精度という実用性が認められ、運行ダイヤに厳格な鉄道会社より職員用の時計として採用されました。

 

全5件

チラグ(Chirag )

¥16,000

商品を確認する

チラグ(Chirag )

¥16,000

商品を確認する

チラグ(Chirag )

¥16,000

商品を確認する

チラグ(Chirag )

¥16,000

商品を確認する

チラグ(Chirag )

¥16,000

商品を確認する

ページトップへ